厳選された、コーヒー他食品・料理機器を取り扱います。

コーヒーのあれこれ

コーヒー産地

vol.1 ◆Brasil◆

Brasil...
日本から一番遠い国ブラジル?
JAL48便のフライト、アメリカN.Y.経由でブラジルへ
アメリカはテロ以降「9.11」セキュリティチェックが厳しく、
入国同様の審査を受けてのトランジット
(なんと!!ボーディングパスは靴下まで脱がされて…w(`o`)w Oh My God!)
ジャンボ機も途中給油が必要なくらいのフライト距離。地球半周ですからね…
日本とブラジルの時差は24時間(個人的にはあまり時差ボケを感じません)
「大都市サンパウロ」より目指す地域は車で約6時間、高速道路は快適で(さすがFormula 1の国?ひたすら猛スピードのドライバー(^^;)
ここサンパウロ州モジアナ地区は、広大な土地にありながら小中規模の農家が多く、草原のコーヒー農園と言うよりも小高い丘にある農園といった感じです。
一般的にブラジルコーヒーは、平らで広大な土地にある事や収穫量、収穫のタイミングにより機械で収穫される事が多いです。(以前、私が研修で滞在していた農園は、世田谷区とほぼ同じ面積でした)
「樹上完熟コーヒー」が作られている VELA VISTA農園は約70fの栽培面積で標高は1200b〜1300b。小高い丘と言うよりも急斜面の山肌にコーヒーが植えられている感じですね。
等高線に沿って植えられたコーヒー樹にめいっぱい降り注ぐ太陽の光と樹々の間を吹き抜ける風が、「美味しさの秘密なんだよ!」と農園主が自慢げに話していたのが印象的でした。
農園に足を踏み入れると、立っているのがやっとの急斜面、一粒一粒丁寧に手摘みで収穫される「樹上完熟コーヒー」。この美味しさを皆様にお届けします。
コーヒーはコーヒーチェリーと呼ばれる「実」から種子を取り出したものです。種子(コーヒー豆)はたっぷりと糖分を含んだ果肉に包まれており、熟すごとに甘味が種子に浸透します。一般的な完熟は「真っ赤」に熟したコーヒーチェリーを指しますが、樹上完熟はさらに糖分を浸透させるために「樹に実を付けたまま果肉の水分がなくなるまで(干しブドウのように)完熟させるのが特徴です。
こうする事により、コーヒーチェリー(Coffee Cherry)がもつ果肉の糖分がコーヒーの甘味となって、カップに注がれます。

高台から見たBela vista(ベラビタス)農園全景

next | 2 | 3 | 4 |



会社案内トミヤのお店 | リクルート | コーヒーのあれこれリンク集個人情報取扱いContact us